俊敏に逃げ回るターゲットをロックオン|イタチを簡単に捕獲する安心サービスを利用

イタチによる被害

内観

イタチは住宅内の食べ物やゴミ、または畑の作物などを食い荒らす害獣です。死骸や糞による悪臭や足音などの騒音も被害の一つなので、繁殖する前にしっかりと捕獲することが大切です。

詳しくはこちら

イタチの生態と対策法

ヘルメットを持った男の人

イタチは雑食性の小動物で、農作物などを食い荒らす可能性もある存在です。住宅に侵入するとノミや病原菌による感染症を引き起こす可能性もあるので、安全な捕獲や侵入経路を断つ対策などが重要になります。

詳しくはこちら

害獣の捕獲の専門家

一軒家

イタチはメスの個体に限り鳥獣保護法で捕獲が禁止されています。しかし業者であれば適切な方法で捕獲、または駆除してくれるので、被害を受けている場合には相談してみると良いでしょう。

詳しくはこちら

快適な生活を脅かす害獣

イタチ

自宅周辺や街中などで、ネズミを目にすることがあります。ネズミは食べ物を漁るなどの被害をもたらす害獣として知られている存在で、ホームセンターなどでは専用の罠なども販売されている事も多いでしょう。しかし私たちの生活を脅かす害獣はネズミだけではありません。山中に生息していたアライグマやイタチ、またはハクビシンなども住宅地に下りてきて多くの被害をもたらす原因となりつつあるのです。特にイタチは厄介な害獣として多くの人の頭を悩ませています。

イタチは警戒心がとても強いので、滅多に人前にその姿を晒すことがありません。日中は床下や屋根裏などに隠れて生活している事が多いので、なかなか侵入に気付かない事も多いのです。しかし夜になると活動を始めて歩きまわるようになるので、その足音でイタチの存在に気づくというケースがほとんどです。侵入に気がついてすぐに捕獲できれば良いのですが、それが叶わない場合にはすぐに繁殖してしまうので、更なる被害の拡大が予想されます。

住宅地に住んでいるからと言って害獣による被害に遭うことはないと考えてるなら、今一度その存在の脅威を見直す必要があります。イタチやハクビシンなどは住宅地でも目撃されるようになり、山から離れているエリアでも被害報告が続出しているのです。一度繁殖してしまうと全てを捕獲することが難しくなるので、自宅への侵入に気がついた時点ですぐに捕獲をすることが大切です。畑などが荒らされる被害の場合はより入念な対策が必要になるので、イタチなどに侵入されないような予防法を検討すると良いでしょう。害獣を捕獲してくれる専門家の手を借りるのも一つの対策法です。